居宅介護支援の活用方法とは

main-img

介護サービスを利用する場合には、要介護認定を受ける必要があります。

マンションポンプの修理交換情報もきっとあるはずです。

これは居住する市町村の役場から申請することが出来て、結果通知が届くまでにだいたい1ヶ月はかかるようです。



認定を受けたら次はどんなサービスを受けようか迷ってしまうでしょう。

何をしたら良いかと悩むのも当たり前なんです。



介護保険の知識がなければなかなか判断するのは難しいことなので、そんな時に便利なのが「居宅介護支援」です。


利用対象者は要介護認定1〜5の高齢者か40〜64歳の特定疾病にかかっている方で、費用は無料になります。ケアプランを作成してもらいたい時や担当するケアマネージャーを探している時、更新の手続きなどをする時に役立つものです。

事業所にはいつもケアマネージャーの常勤者がいて、支援サービスを提供してもらうことが出来ます。

まずは市町村の地域包括センターに連絡をして居住している地域を担当する事業所がどこなのかを確認し、その事業所に相談したのちに自宅でケアマネージャーによるアセスメントを受けることになります。


そこからケアプランを作成し、ご利用者様とご家族様の希望に合った支援サービスを利用する流れになります。

電話での相談も無料なので、わからないことや不安なことがあれば問い合わせてみましょう。


在宅での生活でも施設での生活もケアマネージャーは必要になるので、覚えておきましょう。
これならあまり詳しくわからなくてもケアマネージャーに聞くことが出来るので安心です。

わかりやすい情報

subpage01

医療福祉に関する資格のニーズが高まっている中で、介護福祉士からのスキルアップした資格として挑戦する人も多いのがケアマネージャーと呼ばれる介護支援専門員です。2000年に介護保険制度が導入した際に登場した資格で、実は国家資格ではなくて公的資格です。...

more

知りたい情報

subpage02

介護認定調査を受けるためには本人または代理人が市に申請書を提出しなければなりません。申請出来る対象者は65歳以上の方、40歳〜64歳までの特定疾病がある方です。...

more

福祉の常識

subpage03

介護と一言で言っても、いろいろな種類の支援があります。まずサービスを受けるにあたり、認定を受けることが必須となります。...

more

これからの福祉

subpage04

居宅介護支援について、ご説明したいと思います。居宅介護支援は居宅介護支援事業所に所属するケアマネージャーが担当する仕事になります。...

more