介護支援を受けるまでの流れ

subpage01

介護と一言で言っても、いろいろな種類の支援があります。

まずサービスを受けるにあたり、認定を受けることが必須となります。

詳しく知りたいYOMIURI ONLINEに関する良い情報をご紹介するサイトです。

申請をしたら、訪問調査員が今の体の状態や精神状態の確認に来ます。


全国共通のチェックシートを使います。

それと同時進行で、主治医の先生に意見を求める主治医意見書というものを、今現在主に掛かっているお医者さんに書いてもらいます。
どちらも直接市町村から依頼するので、本人が主治医の先生にお願いしなくてもよいです。その2つの書類がそろったら、審査会が行われ介護度が要支援1〜要介護5の間で決定します。
認定結果が出るまでに1か月くらい要しますので、介護支援を受けようと考えているのであれば、早めに申請をしておくことをお勧めします。
入院中でも申請は可能なので、自宅に戻った後すぐにサービスを利用したい場合などは、入院中に申請し退院時には結果が出ている状況が望ましいでしょう。


原則は申請結果を元に支援をしていくことになります。

サービスを利用するにあたっては、ケアマネージャーと契約することが条件となります。市町村に相談すると紹介してくれます。



もしケアマネージャーの変更を希望されることがあった場合でも、契約を解除し新しいケアマネージャーと契約することも可能であるので安心してください。

今後いろいろなサービスを受ける場合にこのケアマネージャーが、すべて本人の状況にあったサービスを提案してくれることになるので、ケアマネージャー選びは重要となります。


あってはいけないことですが、ケアマネージャーの知識で、介護支援の質も変わってきてしまうのです。